日光市予防接種情報提供サービス

麻しん風しん混合 (MR)

麻しんは感染力が強く、高熱などのかぜ症状で始まり、やがて発疹がでます。肺炎や脳炎など合併症を起こすことがあり怖い病気です。
風しんは麻しんと似た症状が出ますが、3日ほどでおさまります。しかし、まれに脳炎など起こすことがあるので予防が必要です。
大人が妊娠中に風しんにかかると、生まれてくるあかちゃんの心臓や視力・聴力などに影響が出る先天性風しん症候群になることがあるので、小さいころから予防接種を受けることが大切です。
対象年齢
1期:1歳~2歳未満
2期:小学校就学前の1年間(年長児)
接種回数:合計2回


MRで予防する麻しんは合併症を起こすと、まれに死に至ることもある怖い病気です。
MRは1歳の誕生日を迎えたら必ず早めに受けましょう。

≪戻る